離職期間が長い人の為の転職活動

 新卒で就職をするのが一番理想的な就職の仕方ですが、現在の日本では、一旦利職歴が長くなると、採用率が低くなっていきます。

 

 以前やっていた仕事と同じ業界で仕事をするのが一番なのでしょうが、病気や人間関係・仕事内容が原因で離職した場合、仕事自体が嫌になって仕事をやめたり、面接を受けてもなかなか受からないなど、離職期間が長くなっていくと、ますます転職活動が難しくなっていきます。

 

 そこで、離職期間は長い方が有利に転職活動を進めるために方法をアドバイスします。

 

離職歴が転職のためにやるべき転職活動

 

・職業適正診断を受け、向いてる仕事を模索する
 以前やっていた仕事関係で面接を繰り返してみたものの、なかなか合格しない場合には、ここは気持ちを切り替えてみて「適職診断」受けてみるとよいでしょう。

 

 適職診断とは、簡単な診断で自分に合った仕事を診断するものですが、転職サイトなどで無料で診断することができます。

 

 結果がすべて正しいとは限りませんが、今まで仕事をしたなかでしっくりこないなと感じている場合には、気持ちを切り替える意味でもやってみると、自分の性格やプラスポイントを見出すことにもつながります。

 

・また明日にでも、は禁止
 いつまで経っても転職先が決まらないことの原因のひとつは「今日は○○だったから明日にでも」という後回し気質が災いしている場合があります。

 

 自分がいつまでに転職したいのかなど、明確な目標を立てておかないと、自分の転職したい気持ちがますます冷めてしまいます。

 

・資格が無いならハローワークで相談しよう
 ハローワークは仕事を探す場所でもありますが、就職を後押しするための資格を取得するための「職業訓練」や、給付金を受給しながら資格を取得できる「求職者支援制度」などで、無料で資格を取得できます。

 

 テキスト代などは実費だったり、家庭の所得制限などもありますが、当てはまれば数ヶ月は給付金を受けながら資格取得に励み、転職活動に役立つ資格を取得できます。


このページの先頭へ戻る