当たり前のマナーを身につけてから挑む

社会人として、コミュニケーションの当たり前を

 

 当たり前のことをできない方は、企業はあまろ信頼することはありません。やはり、できて当然、コミュニケーションとして当然しておくべきであることは、意識してでも行うようにしておきましょう。そこで、転職時に覚えておきたい、面接時などに使える当たり前のポイントについて紹介します。

 

相手の目を見て話すこと

 

 相手の目を見て話すことに、苦手意識を持っている方もいると思います。気まずさを感じてしまう方もいると思いますが、面接の場では必ず相手の目を見て話すようにしておきましょう。相手の目を見て話さないとどこを見ているのかわかりませんし、自分のアピールも伝わりません。

 

 どうしても苦手な方は、目を見るのではなく、おでこなど目に近い場所を見ておきましょう。それだけで違うはずですし、相手にはわからないはずです。

 

遅刻は厳禁

 

 時間にはみんな気をつけていると思いますが、遅刻をしてしまいそうなときもあるでしょう。もし間に合わない、と感じたきには、必ず連絡することが重要です。間違っても、事後報告にならないようにしましょう。

 

マナーについて

 

 以上のようなマナーを守ることによって、ようやくスタートすることができるのです。

 


このページの先頭へ戻る