外資系の企業へ転職をするときのコツ

転職を考えている人で、次は外資系の企業、と考えている人も多いでしょう。こういった外資系の企業へ転職として、外資系の企業へエントリ―して中途採用を受ける、という方法しか、思いつかない場合も多いでしょう。日本企業であれば、こういったルートが通常の転職となります。もちろん、知り合いが上の方にいてそのつながりで、というような形もあるでしょうが、それは一般の人にはあまり縁のない話だったりします。

 

 

そうではなく、でも、外資系の企業へ転職をもっと有利にする方法が、ヘッドハンティング会社を活用することです。ヘッドハンティングといっても、アタックされるなんで自分には関係がない、と思っていてはいけません。
今は、人材を求めている外資系企業が、ヘッドハンティング会社、外資系の人材会社に依頼をして、こういった会社がその外資系企業のかわりに人材を探すというところが多くあります。

 

 

こういったヘッドハンティング会社は、外資系の求人サイトで募集をして、そこに応募してきた人材や、登録している人材の情報をもとに、ヘッドハンティングを行っていたりします。自分のクライアントにふさわしいと思う応募があれば、直接コンタクトを取ってくることも実際にあります。

 

 

わたしも、そのヘッドハンティング会社の秘書に応募をしたのですが、結局、色々とやり取りをしていく中で、そのヘッドハントの対象となって、転職を斡旋する形で、コンタクトを取ってきたことがありました。そうして、別の外資系企業のポジションを、いくつも紹介してもらうということがありました。

 

参考サイト
http://xn--50web-ek2ho570awdya.net/
50代ならではのスキルを企業に売り込み転職する

 

経済ニュース - エキサイトニュース

 

こういったヘッドハンティング会社の眼に着くような登録や応募をするのも、外資系企業への転職のコツなのです。


このページの先頭へ戻る